言葉は気持ちを伝える手段(120611)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

僕たちは毎日毎日、言葉を使ってコミュニケーションをとってい
ます。今こうして書いているメッセージも言葉の集まりです。

ではこの「言葉」、何をいちばん伝えるものだと思いますか?も
ちろん、情報、事実を伝える。というのも一つですが、一番の目
的は「気持ちを伝える」ということです。

仕事に気持ちなど関係ない。と異論を唱える人もいるかもしれま
せん。しかし、仕事は気持ちがあって動いていくものだと思いま
す。そして、気持ちを伝える時に選ぶ言葉は2種類あります。

「マイナス言葉」と「プラス言葉」です。例えば、部下が上司に
報告する際、「君の話はいつも、何を言っているのか、さっぱり
わからん!」と言われた場合と「確かに困ったことだが、もう少
し落ち着いて、順序立てて話してくれないか?」と言われた場合、
どちらが生産性が向上し、職場のコミュニケーションはスムーズ
にいくでしょうか?間違いなく後者です。

もちろん、部下も毎回同じように指摘をされると上司は嫌になる
でしょう。部下も上司も一緒に向上していかなくてはなりません。

言い方一つで状況は180度違ってきます。
「いや、そうじゃなくて」→「そうも考えられるね」
「絶対、間違っている」→「そうとは限らない」
「ダメに決まっている」→「ダメだと決まったわけじゃない」
「そんなこと、あるわけがない」→「もしかしたら、ありうるか
も」
「まあ、そんなものさ」→「いろいとあるよね」

言葉は気持ちを伝える手段です。であればプラスの言葉を使って
プラスの成果を出すように心掛けていきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。