反発される社長、反発される会社(120612)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

WizBizメールマガジンより「反発される社長、反発される会社」
という面白いタイトルの記事が目に入りました。なるほどと納得
するところもありましたので紹介します。

———————————————————-
一.社長が、社員の給料を〔現在の実績〕ではなく〔過去の恩義〕
で決めている

一.社員が、給料は自分で勝ち取るものではなく、与えられるも
のと決め付けている

一.社長の認識≠社員の認識 共通言語ナシ・・・

一.社長が、経営内容を公開せず、「社員に余計な知恵をつけさ
せたくない、決算内容を公開するなどもってのほか」などと考え
ている

一.社員が、「経営するのは社長」と考えている。会社の実態を
知ろうとせず、計数ではなく観念から発言している

一.社長が、社員を信用していない。社員の「意見」を社員から
の「反発」と誤認している

一.社員が、社長を信頼していない。社長の「命令」を「相談」
や「説教」と誤認している

一.社長が、社員の意見にまったく耳をかさず、独断で経営して
いる。社員にはとにかく体を動かすことを指示している(人は使
うモノ?)

一.社員が、自ら知恵を出すこと、自ら意見をすることに価値を
見出しておらず、黙って指示通り体を動かすことを仕事だと誤認
している(仕事とは仕えること?)
———————————————————-
どうでしたでしょうか。

これからの企業は対話が重要になってきます。そして情報はでき
るだけオープンにするべきだと思っています。強い会社ほど情報
をオープンにしてそれを共有しています。コーチング文化を醸成
していくべく、対話を心がけていきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。