話がはずむ「あいづち」、しぼませる「あいづち」(120620)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

話がはずむ「あいづち」、しぼませる「あいづち」。あいづちは
会話の潤滑油です。会話の中で一回もあいづちをしないとどうな
るか。おそらく会話はそれ以上進んでいかないと思います。

ただ、あいづちも「うん、うん」と首を縦に振るだけのあいづち
は、芸がありません。

あいづちの名人は、「ただ話を聞いてあげただけなのに、相手に
“今日はあの人と話せて楽しかったなぁ”と思われる人」です。

あいづち上手のポイントを以下に示します。「同・共・促・整・
転」であいづちの言葉をいれると気持よく話してくれます。

<同意>
「そうですね」「そのとおり」「同感です」「なるほど」

<共感>
「大変ですね」「心配ですね」「頑張りましたね」「苦労しまし
たね」「わかります」

<促進>
「というと?」「それから、どうなりました?」「その後はどう
ですか?」

<整理・要約>
「つまり~ですね」「というのは~ということですね」「一言で
言うと~ということですね」

<転換>
「ところで」「そういえば」

どうでしょうか。この言葉をあいづちとして入れるだけで会話の
親密度も変わってきます。お客様とこれができるとファンになっ
てもらえるでしょう。

あいづちの名人目指してコミュニケーションを図っていきましょ
う。
 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。