何色にするかは自分の気持ち次第(120622)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

日本の柔道家でもあり、国民栄誉賞まで受賞された山下泰裕氏。
「指導者の器」という著書に以下のようなことを書いています。

———————————————————-
・起きたことに、喜びの色をつけるのか、希望の色をつけるのか、
満足の色をつけるのか、不平の色をつけるのか、慢心の色をつけ
るのか、何色にするかは自分の気持ち次第です。

・竹は根を張ってから上に伸びる。
竹を植えると、最初の3年間ぐらいは、ぜんぜん伸びていかない。
それまで竹が何をしていたかというと、上に伸びる前に、下に根
を張っていたのです。しっかりと根を張ったから、ぐんと伸びる。
しかも、ものすごく強い。人の成長も同じだと思います。

・気づくのに遅すぎることはない。改めるのに遅すぎることもな
い。

・後に「当たり前」になるようなことを最初に始めるというのが、
実は一番大変なことなんです。

・一つだけ確実に言えるのは、常に問題意識を持って行動してい
ると、いろいろなものが見えてくるし、いろいろな人が寄ってく
る。

・「カイゼン」の意識が出会いを生む。
大事なのは、常に「カイゼン」の意識を持つことです。トヨタ自
動車が生んだ「カイゼン」という言葉が広く知られるようになり
ましたが、もともとは「より良い方向へ進み続ける」ことを意味
する語です。

・残念ながら、人間は太陽のように自ら光を放つ存在ではなく、
太陽の光を受けて輝く月のような存在なのでしょう。そういう人
間が集まる世の中で、私はできるだけ、一緒に仕事をする人たち
の光の部分に焦点を当てて生きていきたい。

・長く発展している日本の企業を知るたび、やはり「人づくり」
が基盤にある組織は強いと痛感します。
———————————————————-

冒頭にも書かれていましたが、「何色にするかは自分の気持ち次
第」良い色を選択してつけていきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。