人の喜びをもって我が嘉びとする(120628)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

13の徳目朝礼、今月のテーマは「ありがとう」があふれる会社
にしよう。です。「ありがとう」を頂く根底には、人のお役にた
つ。という思想がなければ「ありがとう」は頂けないと思います。

致知7月号のインタビュー記事に北陸ミサワホーム会長の林敦氏
の記事が載っていました。タイトルは「人の喜びをもって我が嘉
びとする」という内容で、第一次南極観測越冬隊の隊長としても
活躍されました西堀栄三郎氏とのエピソードを交えての記事です。

その記事にリーダーとしてかくあるべきだという内容がいくつか
書かれてありましたので紹介します。

「組織のリーダーとして欠くべかざるものは何かわかるか。それ
は愛や」

「あなたが人に何かをしてあげて、相手が喜んでくれる。それが
愛や。こんな簡単なことがわからんか」

「林くん、会社が社員に贈る物で一番大事なものは何や。それは
任せてあげることが最大の贈り物だ」

「おまえのは任せたのではなくただの放任だ。放任は罪悪や」

リーダーとしての心構えが伝わってくる言葉です。企業における
マネジメントは愛だ。という言葉を思い出しました。優しい愛、
厳しい愛、そこには部下を念う気持ちが根底にあるのだと思いま
す。

今日もありがとうが集まる「人の喜びをもって我が嘉びとする」
働きを行っていきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。