処理目標と夢目標 (12 0730)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

処理目標と夢目標。物事を達成に導く人は、2つの目標を持って
いると言います。西田文郎著の「NO1営業力」の読後感を元に
言葉を拾ってみました。

以前、寓話として3人のレンガ職人の話をしました。記憶に新し
いと思いますが、本でもそれに独特のアレンジを加え書かれてい
ました。

「今日はレンガを100個積んだ。明日も100個積もう。次の
日も、また次の日も最低100個積んでいこう」

ここでいう100個積んでいこう。というのは「処理目標」だと
著者は言います。毎日こなすべきノルマです。例えばテレアポ2
0件や客先訪問3件などが処理目標と言えます。

しかしこの100個の処理目標は、本来働く目的ではないのです。
働く目的は処理目標のさらに向こうにあるはずです。

レンガ職人に例えると、美しい教会を建てる。とか、レンガ造り
のおしゃれな家を建てて、妻や子供と幸せに暮らす。といった目
的が必ず存在しなければなりません。

「あなたは、何のためにレンガを積んでいるのですか?」

人間で一番愚かなことは、目的(意味や価値)を見失うことだと
言います。

「今月中、あるいは今年中に、いくつレンガを積むかという処理
目標」

「レンガを積んで、どんな建物(人生)を創造したいかという夢
目標」

みなさんの「処理目標」と「夢目標」は何ですか。この二つの目
標を掲げ、今日も喜んで進んで働きましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。