人の人生は後半生で決まる(120822)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

先人のことわざに「人の人生は後半生で決まる」とあるが、けだ
し名言である。植西聰 菜根譚のことばより

———————————————————-
江戸時代に水野南北とういう観相学の大家がいました。その水野
南北の家に一人の中年の浪人が訪ねてきて、こんな相談をもちか
けたことがありました。

「私はとことんツイていない人間です。藩が幕府の命によって取
りつぶされ、浪人になって以来、寺子屋で子供たちに読み書きを
教えつづけてきましたが、そこもお払い箱になりました。

そこで、大工の仕事を始めたのですが、屋根から落ちて腰を痛め
てしまい、大工の仕事もできなくなりました。

もう、歳が歳だし、人生に何の希望も持てません」

このとき、南北は浪人に次のようにアドバイスしました。

「これまでの人生は前半生。これからの人生は後半生。後半の人
生はきっと良くなると考えなさい」

すると、南北の予言は見事的中しました。ダメモトで始めた屋台
のソバ屋が評判を呼んで繁盛し、彼の後半生はお金に恵まれた暮
らしとなったのです。
———————————————————-

南北の言葉にもあるように、人生には「前半生」と「後半生」の
二つがあります。

今が苦しくとも、未来の為に希望を持ち続け、努力し続ければき
っと報われる時がきます。報われないとしたら努力が足りないだ
け。

今日も明るい未来に向け、希望をもって喜んで進んで働きましょ
う。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。