良いことを教えてもらったら必ず実践(120912)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

京都の地で323年にわたり麩屋を営む半兵衛麩。玉置半兵衛会
長の商いの要諦。『致知』2012年10月号より

———————————————————-
当社の家訓は「先義後利(せんぎこうり)」です。義を先にして
利を後とする者は栄える”という意味ですが、「義」とは人とし
ての正しい道、

「商人においては正しい商人の道を先にして、自分の欲は後にし
なさい。嘘をついたり人を騙してお金儲けをしたり、名誉欲、出
世欲、肩書などの強欲を出してはいけません」

と父から教わりました。

石田梅岩は「利益をあげない商人は商人にあらず」、つまり利益
を無視する商人は愚か者であると述べています。

新品の使い始め、最後に捨てる末をよう考えるのや。この始と末
を取って「始末」という。この少しずつの始末をするかしないか
で、大きな違いが出てくる。(先代である父の教え)

梅岩は、実践をせず、ただ頭だけの知識を持つ人間を“文字芸者”
と非難しました。だからよいことを教えていただいたと思ったら、
必ず実践しなくてはいけない。
———————————————————-

“文字芸者”とは面白い喩ですね。実践しないと何にもならない
です。今日も良いと思うこと1つ実践しましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。