「おせっかい」のルール(120922)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

日本と中国の間は不穏な空気に包まれています。上海の日本人学
校では、運動会などが中止になったり、今までは少し情勢が違う
ようです。

今日の松下幸之助翁の言葉ではありませんが、平和を願いながら
一方では我を通してしまう。戦争は一人一人の心の中にある。と
ある哲学者は言っていました。まさにその通りだと思います。歩
み寄り姿勢というのは大事ですね。

人間関係が希薄になっていると言われて、随分長いですが、高橋
恵著の「おせっかい」のススメは、その辺りを表しているように
思います。

———————————————————-
みんな自分の人生で大忙しです。でも、どんなに忙しい人でも、
毎日の小さなおせっかいなら、誰にでもできることです。

小さな譲り合いや、やさしい言葉のかけ合い、電話でも、はがき
でも、たった一言の挨拶や、たった一枚の紙切れでも、人を想う
やさしささえあれば、簡単に人々を笑顔にしてあげられるのです。

おせっかいな人が、日本中に小さな幸せを撒き散らし、いつの日
か、物質的な豊かさだけではなく、心の豊かさにあふれる、この
国がそんなやさしい国になればと願います。

今の時代、「こんなことは、迷惑じゃないか」と人との距離を必
要以上に離したり、人を傷つけないようにと、誰とも深くかかわ
らないようにしている人が、増えている気がします。

「小さな親切、大きなお世話」ではなく、「小さなお世話、大き
な親切」。

おせっかいのルール10
①「おせっかい」は言葉と行動が同時・・・(挨拶からもう一歩
踏み込んでみる)
②「おせっかい」は一生懸命・・・(頼まれてもいないことをや
るのが心に残る)
③「おせっかい」は段取り上手・・・(時間の上手なやりくりは、
おせっかいな人の専売特許
④「おせっかい」は人と人との縁をつくる・・・(きっかけはい
つでもどこでも)
⑤「おせっかい」はアイデアの源

⑥「おせっかい」は悩まない。へこまない。・・・(断られても、
次に繋げる力としよう)
⑦「おせっかい」の報酬は自己満足
⑧「おせっかい」の手紙術
⑨「しょうがない人だなあ」と思わせる・・・大失敗しても、ど
こかの誰かが喜んでくれる。
⑩「おせっかい」は伝染する・・・(おせっかいは高齢化社会も
元気にする)
———————————————————-

今日も身近なおせっかいを実践してみましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。