意識的にリフレーミングしてみる(121017)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

人の厄介な感情として「好き嫌い」があります。食べ物への好き
嫌いは大したことはありませんが、こと他人に対しての好き嫌い
は、人生を大きく左右することにもなります。

仕事も好き嫌いで判断してはいけません。嫌いだけど好きになる
努力。ここに人としての英知がうまれるのです。

では嫌いな人を好きになる手法はないのでしょうか。心理学用語
に「リフレーミング」というのがあります。肯定的に解釈する手
法と言っていいでしょう。

「人間の魅力」の著者でもあるボブ・コンプリン氏は、どんなに
嫌いな人でも好きになることができると指摘しており、その為の
思考改善法として以下のルールを述べています。紹介します。

1.自分の考えばかりに固執するタイプなら「石あたま」とか
「がんこ者」と考えるのではなく、「強い信念の持ち主」だと思
いなさい。

2.注意深い人なら、「のろま」と思わず、「思慮深い」と思い
なさい。

3.怒りっぽいタイプの人なら「短気」と思わず、「感情豊かな
人」と思いなさい。

4.命令ばかりする人なら「威張りたがり」と思わず、「指導的
な人」と思いなさい。

5.お金をしぶるケチなら「けちんぼ」と思わす、「倹約家」と
思いなさい。

6.自己主張の激しい人なら「あつかましい」と思わず、「率直
な人」と思いなさい。

7.自慢ばかりするタイプなら「うぬぼれ屋」と思わず、「自信
のある人」と思いなさい。

どうでしょうか。自分の思考はある意味、自動的に働いてしまい
ます。ネガティブな思考の時こそ、意識的にリフレーミングして
みましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。