職場が立ち返るべき基本は朝礼(121022)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「人間一人一使命」松井直輝(学校法人泉新学園理事長・学園長)
の記事『致知』2012年10号からです。

———————————————————-
私はかねてより国民教育の父と謳われた森信三先生の教えを、高
弟である寺田一清先生や石橋富知子先生を通じて学び、そこで説
かれる態度教育の素晴らしさを実感していました。学園長就任は、
この教えを当園に導入する絶好の機会となったのです。

導入に当たり、私は森先生の教えである躾の三原則(挨拶の励行、
元気な返事、履き物を揃える)と立腰(腰骨を立て姿勢をよくす
る)に食育(食事のマナー)を加えた5つを態度教育の根幹に据
えました。

ただし、これらを園児に身につけさせるためには、まず園児を指
導する教師自身が十分に実践できていなければなりません。

当初は当園の教師にも、こちらが話している最中に下を向いてい
たり、呼んでもきちんとした返事が返ってこないような態度がし
ばしば見受けられました。

人の意識を変えるのは容易ではありません。効果を期待して導入
した研修に全員が反発し、ドロップアウトという不本意な結果に
終わったこともありました。

それでも諦めることなく模索を続け、行き着いたのが朝礼でした。

スランプに陥った野球選手は基本に返って素振りを繰り返します。
同様に職場が立ち返るべき基本、それは朝礼であると私は確信し
ています。

朝礼は業務連絡の場に止まらず、取り組み方次第で挨拶、返事を
はじめ態度教育の基本を磨くかけがえのない研修の場となります。

毎朝真剣に実践すれば、一人ひとりに染みついた思考、感情、行
動が徐々に変化し、新しい習慣が身についていきます。
———————————————————-

自社においても毎朝行われている朝礼。職場が立ち返るべき基本
です。基本を見直してみましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。