失敗は生きる (121102 )

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日は、長崎大学主催のリレー講座2012に参加してきました。
6回の講座でリレーされますが、昨日は2回目で為末大氏元プロ
陸上選手「世界で戦うということ ~侍ハードラーからの提言~」
という演題で講演がありました。

オリンピックはシドニー、アテネ、北京の3大会に出場。200
1年のエドモンド世界大会で400メートルハードルで日本人初
の銅メダルを獲得されます。

幼少時代から小中学時代のお話やアスリートであり続けた時のス
ランプ時期の状況など、日頃聞けないお話を沢山聴くことができ
ました。

何故、ハードルに転換したのか。このままでは勝てない。勝てる
戦場を探していたときにハードル競技を見て、この競技なら勝て
るかも。と思って転身したそうです。

講演語録をメモしたので紹介します。
・勝てない戦場は捨てる。ダメなものはダメ。

・自分の強みに徹底する。他人がやっている練習をまねてもダメ。
自分あった練習をする。

・学ぶより馴染む。海外のグランプリ出場時に体験したことが今
の自分をつくっている。

・成功は一瞬で終わる。成功した事、メダリストは忘れ去られる。

・人生は山登りの連続。自分自身で目標を決め手を伸ばせば届く
目標にコツコツ努力する。

・失敗は生きる。何が失敗か何が成功かわからない。シドニーの
失敗があったからメダルの獲得がある。シドニーの失敗は成功だ
った。一所懸命やっていると失敗の意味が違ってくる。

人生の示唆となる言葉を多く聴くことができました。今日も戦っ
ていきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。