入力の技術・記憶の技術・出力の技術(121108)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日の和田秀樹氏の講演メモの続き。インプット技術、記憶技術、
そしてアウトプット技術についてです。

まずインプット技術についてです。入力をよくするための2つの
要素。
①理解する。理解すれば記憶しやすい。理解できるレベルまで下
げる。例えば、入門書から始めたり、人に聞くこと。
②注意する。注意するにあたっては、興味と集中をあげられてい
ました。興味や関心のあるものは記憶しやすい。そして集中力を
維持する。体調(コンディション)を整える。二日酔いとか寝不
足は避ける。

次の記憶の技術です。情報は一旦「海馬」と言われる部位に入る。
それから側頭葉に情報を送り込むと記憶されるそうです。

海馬から記憶が消去されるまで約30日間。海馬に蓄えられた新
しい情報を、重要な情報だと海馬が判断したときに、側頭葉に記
憶を送り込む。そこで始めて記憶として定着される。

最後にアウトプット技術です。これはトレーニングしかないそう
です。①人に教える。②テストする。③ブログ、Fbなどで発表
の場を持つ。④受け売りでもいいから発する。

入力、処理、出力。このプロセスを繰り返し行うことで、自分の
ものになっていきます。

興味を示し、集中力をもって、そして発信していく。これを楽し
みながら行っていきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。