人間は仕事を通して成長していく(121116)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

芳村思風先生の感性論哲学の世界。仕事をどう捉えるか。仕事観
です。

———————————————————-
仕事は、人に喜んでもらえるような能力と人間性を作るためにあ
る。

人間は、仕事を通して成長していく。能力と人間性を作るのは、
仕事を通して人の役に立ち、人に喜んでもらうことで作っていく
しかない。本物の人間となるためには、仕事を通して、社会と人
間の実態に触れることにより、経験・体験を積み重ね成長してい
くしかない。

人間が本物になるためには、善も悪も体験しなければいけません。

人間とはこんなに恐ろしいものなのか、こんなに醜いのか、そし
てこんなに素晴らしいものなのかと肌で感じる。そこから人に喜
んでもらえるような能力と人間性が磨かれるのです。

自分だけよければいいというのでは、人間性は磨かれません。誰
も助けてくれません。どんな素晴しい個性も人の役に立たなけれ
ばただの「わがまま」なのです。

物事には、すべて表と裏があります。表だけしか知らない、失敗
した事のない人には、失敗した人の気持ちはわかりません。失敗
した体験を経験としていかせることができれば、失敗ではなくな
るのです。

どんな有能な人でも「成功」ばかり続くこともありません。転ん
だとき、何をつかんで立ち上がるかです。

会社のために働くのではない。働くこと、仕事を通して、自分を
本物の人間に育てるための能力と人間性を作る。その結果、人格
が磨かれ、会社の役に立つのです。お客さまに喜んでいただくた
めだけではダメ。一緒に働いている人、上司や部下にも喜んでも
らえるような仕事ができなければ意味がありません。

仕事も半分は楽しいが、あとの半分は辛いこともある。楽しんで
働ける環境作りや仲間を助けることや仕事の意味や価値やすばら
しさを感じなければ耐えていけません。

これが人間らしい仕事の仕方の原点。仕事のつながりだけでなく、
心のつながりが、これからの企業の土台になる。

仕事は、人に喜んでもらえるような能力と人間性を作るためにあ
り、それを通して心のつながり、心の通い合う職場を作る、会社
を作ることが、大切なのです。
———————————————————-

今日も仕事を通して成長していきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。