自己否定は自分が勝手につくりあげたもの(121121)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「心のコブを取り除いた時、本当の幸せが見えてくる」。安藤大
作氏の幸福論。『致知』2012年12月号より

———————————————————-
僕は、現代人の自己否定は、その人が勝手につくりあげたものだ
と考えています。誰かから否定されたわけではないのに、自分の
意識が「おれは駄目だ」「認められていない」と思ってしまう。

僕が塾の教育を通してやってきたのもまさに、子供たちのこの
「心のコブ」に気づかせ、そこから抜け出させて「必ずやれる」
という確信を持たせてあげることでした。

人間の心が100としたら、普段意識できるのは5%で、95%
は無意識の世界です。

「俺はこんな男だ」「これしか俺にはできない」と言っているの
はこの5%です。

ところが、化石のようになった95%を穿(ほじく)り出すと、
段々自分の思考パターンや可能性が見えてくる。おもしろいもの
で自分を穿り出した分、他人の心も見えるんですね。

親と分かち合って繋がりを感じた時に、人間は優しくなれるし、
万物への愛しみが生まれる。これが僕の実感です。

身の回りの友達、同僚、これも確かに大切な絆でしょう。だけど
親や先祖というもう一つのパワーがこれとクロスすることで人間
は無限の幸せが得られるのではないでしょうか。

どんなマイナスの環境に生まれたとしても「それを変えるために
自分は生まれてきた」「そんな自分だからできることがある」と
思ったらすべて感謝、すべてオーケーです。

そこに幸福感、心の安らぎを覚える人が増えていけば、この国は
もっと優しくなり、もっと輝くはずです。
———————————————————-

今日も自己否定せず、自己を肯定していきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。