学びを活かす (121202 )

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

学びを活かす。今週の倫理からです。
———————————————————-
企業経営をよりよくするための学びが巷には溢れていますが、学
ぶ人はそれらの効果への懐疑を少なからず持つものです。どんな
に素晴らしい体験談を聞いても、ウチの場合は状況が違うと片付
けてしまえばそれまでです。

では、学びを活かし、企業をよりよくしていくには、何が大事な
のでしょうか?

ひとつには「常に挑戦し、豊かな試行錯誤を繰り返しているか」
ということです。自分の経験知や知識に安住していると、経営者
としての成長は止まり、当然企業も発展しません。問題は、安住
していることに気づかないことです。

事業を推進していくことは、今までの手法を進めるにしても、新
しい道を切り開いていくにしても、思い通りにならないことのほ
うが遥かに多いでしょう。

その中で、自分の過去の経験則からいったん離れ、試行錯誤を繰
り返していると、大事なものに気づく感性が磨かれます。物事の
本質を見極める目が養われるのです。

学びを活かしていくために大事な二点目は、「軽やかな行動力」
です。学んだことはとりあえずやってみようと、行動に移すこと
です。また、ここで大切なのは、学んだことが得手であれ苦手で
あれ、そのままやってみることです。

経営者は総じて行動力があります。しかし一歩間違うと、自分の
得意なものばかりに走りがちです。それは本当の軽やかな行動力
ではなく、自己満足に過ぎません。

自分に起こった問題は、往々にして自分が苦手として先送りにし
てきた結果として起こるのです。

学びを活かすために大事な三点目は、「真摯に本気で取り組むこ
と」です。モーニングセミナーなどに参加していても、それを付
き合いや気の合う仲間との交流の場だけにしていては、惜しいの
です。

毎週モーニングセミナーに同じように参加していても、本気で学
んでいる人とは膨大な差が出てしまうでしょう。
———————————————————-

学びを実践に活かしていきます。活かしていきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。