組織力が試される時代 ( 121209)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

渡り鳥は、V字をつくって何千キロも飛んでいきます。何故みん
なで戦隊つくって渡っていくのでしょうか?答えは簡単です。そ
うしないと生きていけないからです。

そしてV字戦隊をよくみると、代わる代わるに先頭がかわってい
ます。先頭の鳥は、風の抵抗をもろにうけます。そして後ろの鳥
は、さかんに前の鳥に対して声掛けをしています。「大丈夫か?」
「かわろうか?」そう言っているかどうかは別として、気にかけ
ています。

しかし、渡れない鳥も中には出てきます。そんな鳥は段々と後ろ
に下がって、仲間に知れないように離脱します。

いわしの群れをテレビで見たことがあります。遠くからみるとク
ジラと思えるほど、大きな塊をつくって回遊しています。100
万匹以上の塊だといいます。何故塊まるのでしょうか?答えは簡
単です。敵から守るためです。

1匹ではすぐに敵にやられますが、100万のオーダーになると
大きな塊で敵を威圧することができます。

これからは企業でも同じことが求められます。どうしてだと思い
ますか?お客様が多種多様になっているからです。個人も思考→
指向→志向→嗜好に変わっているからです。

まさに顧客嗜好です。そういう時代に一人で対応してたらいつま
で立っても新規開拓などできません。

我社の情報共有できているでしょうか。好きとか嫌いとか。合う
合わないとか言っていないでしょうか。そもそも一人ひとりの社
員は、別々の環境で育った人間です。合わないのが当然です。た
だ、同じ組織の中では、好きにはならなくてもいいけど合わせる
努力はしないといけません。そうしないと成果は作れないからで
す。好きだからやる。嫌いだからやらない。これでは幼稚園の集
団です。

組織力が試される時代に入りました。属人的な仕事のやり方はお
客様には関係なくなりました。どれだけお客様に喜んでいただけ
れるか。その一点です。

数字で報告し、数値で戦術をつくっていきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。