主体性を発揮する (12 1226)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

主体性を発揮する。では主体性とはどういうことでしょうか?そ
の前に主体性の反対を調べてみました。主体性の反対は「反応的」
「評論家的」「他人任せ」「運命論的」「責任回避的」とありま
した。要はモノゴトを「他人事」と捉える癖のことを言うようで
す。

7つの習慣の本には、「主体性」の反対を「反応的」と定義づけ
て、以下のように述べています。

「自分の人生に対する責任を放棄すると、反応的になる。例えば、
反応的な人の多くは周りの物的な環境に大きな影響を受ける。天
気が良ければ、気分も良い。しかし、天気が悪ければ、気分も悪
くなり、遂行能力も低下する。主体的な人は、自分の天気を持ち
合わせている。雨が降ろうが陽が照ろうが関係ない。彼らの行動
は価値観に導かれており、質の高い仕事をする価値観を持ってい
れば、天気がどうであろうと関係ない」(7つの習慣86頁)

そして、著者コヴィー博士は、人生の原理原則を次のように強調
しています。

「自分の身に何が起こるかではなく、それにどう反応するかが重
要なのだ」

「自分の悩みを他人の行動、条件づけ、あるいは周りの状況のせ
いにするのはとても簡単である。しかし、私たちは自分の行動の
責任を取ることができる」

「どんな状況に立たされようと、私たちはその状況にどう対応す
るか選択することができる。態度・考え方、行動を選択できるの
だ。言い換えれば、成功への階段を上がるときには、何もせずに
運が向いてくるのを期待したり、状況の好転をひたすら願ってい
たりする余裕はないのである。未来を予言する確実な方法は、未
来を自分で創造することだ」

今日も主体性を発揮して、創造的な一日にしましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。