モノの整理は心の整理 ( 130110)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「モノの整理は心の整理」という言葉があるように、近年「断捨
離(だんしゃり)」という言葉も流行りました。『致知』2月号
に、提唱者のやましたひでこさんと村上和雄先生との対談記事が
載っていました。

単なるノウハウの域を超え、従来の価値観や生き方の問い直しに
まで踏み込んでいくこの提唱は、モノから心へという時代の変化
を象徴しているかのようです。

———————————————————-
断捨離(だんしゃり)は実は、モノを通した思考の片づけなんで
す。そしてそれをするためには、モノの片づけ以前の価値観の問
い直しが必要なんです。

取っておこうという気持ちがあるのは、そのモノに価値を感じて
いるからですよね。

ではその価値について、本当にきちんと思考しているだろうか。
どういう価値を感じてそれを取っておこうとしているのか。

そうして検証を進めていくと、例えば本の処分ができないのは、
自分の教養が高いのを見せつけようと無自覚に思っていたからだ
と気づくかもしれない。

そうしたら、そんな形で自分の凄さを社会に証明する必要はある
のかってまた自分に問いかけるんです。その結果、やはり取って
おくべきだという選択も、実はOKなんです。

【村上:捨てない選択もある?】

ええ、意図的にそう選択するのでしたら。でも大概は、無意識、
無自覚に採用した価値観で思考はストップしています。

そのためにモノをため込んで自分を損なっていないかと確認し、
意識化しましょう、自覚的になりましょうというトレーニングな
んです。

初めてそんな問いかけをしていくと、実は抱えていたモノは全部
ゴミだったというケースがほとんどです。

ですから断捨離イコール捨てることみたいに思われがちなんです
が、本来は自分とモノの関係を見つめ直して選び抜くこと、モノ
の片づけを通じて自己を深く探究し、心の混沌を整理して人生を
快適にするツールなんです。
———————————————————-

心の整理は人生を豊かにしていく為に必要ですね。モノを通して
心の整理をしてみましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。