命を懸ける姿勢が人を感化する(130307)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「命を懸ける姿勢が人を感化する」植木義晴(日本航空社長)
『致知』2013年4月号特集「渾身満力」より

———————————————————-
【記者:稲盛和夫氏のご指導で他に印象に残っていることはあり
ますか】

数えきれないほどあります。中でもやはり一番大切にされていた
のは、まずは「責任を持て」ということでした。この会社ではい
ままで誰が責任を持って経営をしてきたんだと。

本部長一人ひとりが自分の本部のことに100%の責任を持って
いるのかと。その責任感がなければ執行もできないだろう、と我
われに強く訴えかけられました。

会議の場で我われ役員が時間をいただき、個別の案件について提
案させていただいた時のことは、いまも忘れられません。そこで
名誉会長が見ておられたのは、説明の内容よりも、それを説明す
る我われの「心意気」でした。

これ以上聴く必要がないと判断されれば、最初の5分で「もう帰
りなさい」と。君の話には魂がこもっていない。

本当に認めてほしいなら、私と刺し違えるつもりで来なさい。そ
の気迫のない者は去りなさいと。ですから5分、10分、なんと
か持ち堪えようと懸命に説明をする。

30分聴いていただいてホッと胸をなで下ろしました。

もちろんその上で判断が下るわけですけれども、そういう「真剣
勝負」の場を毎日毎日過ごさせていただいたことは本当に大きか
ったですね。
———————————————————-

今日も真剣勝負で事にあたっていきましょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。