脳に避けるべき栄養 ( 130328)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

脳に避けるべき栄養とは。便利なコンビニおにぎり、コンビニ弁
当など。コンビニの食品すべてが悪いということではありません
が、添加物、防腐剤はぎりぎりのラインで使用されているといい
ます。

僕もコンビニのバナナを食べて舌がヒリヒリしてその後、生もの
は避けるようになりました。

ある調査によると過去50年間で、3500種類もの人工物質が
食品に添加されているといわれています。それらの中には、気分
の低下、衝動コントロールの低下、攻撃的な行動、うつ、睡眠障
害、知的能力の衰えにつながるとも言われています。

よって、口から摂取する栄養には気をつけなければならないと思
います。悪い物質は必ず後から影響が出てきます。

トランス脂肪酸は非常に危険です。多く含まれている食品には、
ケーキ、ポテトチップス、マーガリン、ビスケットなどです。脂
質の高い食品には気を付けましょう。

タバコは脳に悪影響を与えます。脳卒中にかかる確率は2倍~4
倍に跳ね上がります。タバコは集中力を低下させます。よく気分
転換にいいと言いますが、あれは喫煙者の言い分で、大いなる勘
違いです。

食品の栄養素に十分注意をし、健康に気を付けて生活していきま
しょう。

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。