質問力を磨く (130426)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日の続き、「社員をやる気にさせるしつもん術」。3つ目から
5つです。

3.質問で、うまくいっていることを見つける。
「いま、何がうまくいってる?」という質問の中から、ほめる材
料を探していきます。材料がきたら「いいね」「よく頑張ったね」
「私もうれしいよ」と返します。

しかし、「うまくいっていること」が浮かばない人がいます。そ
れは、自身に対する評価が低い可能性があるので、ケアが必要で
す。

4.質問で、やる気になる方向へ導く。
①どんなときにスタッフの笑顔を見ることができるか?
②どんなときにやる気をなくしているか?
③その原因は何か?
④どんな上司だったらやる気を出すか?
⑤どんなことを認めることができるか?
⑥どんなことをほめてあげることができるか?
⑦スタッフから学べることは何か?
⑧自分が変われることは何か?

やる気というのは、本人から自然と出てくるもの。他人にやる気
を出させることは、「北風と太陽」の話に似ているかもしれませ
ん。

5.質問で、問題を解決する。
組織として一番大切なことは、目の前の問題を解決することです。

課題を解決するには二つの考え方があります。一つは、従来の延長
線上でものごとを考えること。もう一つは、全く異なる方法を採用
することです。

質問の出し方一つで、相手の引き出し方も変わってきます。質問力
を高めていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。