心は形となって目の前に現れる(130511)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今週の倫理です。
———————————————————-
倫理法人会で学ぶ「純粋倫理」は、一般にいわれるところの「処
世術」とは違います。「処世術」という言葉を『日本国語大辞典』
で引いてみると、「社会生活をしていくうえでの方策。世渡りの
方法」とあります。自らの目的達成のために前もって考え、行な
う手段であることが示されています。

書店に出かければ、「対人関係を良くする」「業績をアップする
秘訣」など、ノウハウを紹介する書籍が多く陳列されています。
技術の習得は決して悪いことではありませんが、多くの技術や知
識を得たとしても、その後に行動しなくては意味がありません。

動かなければ意味をなさないのは、純粋倫理の実践と同様です。
技術的な方法論だけでは先に進みません。さらに不足・不満・不
信といった心を抱いている場合、様々な困難に襲われることがあ
ります。目に見えない心を磨く実践は難しいものですが、心は形
となって私たちの目の前に現われます。

例えば「言葉」や「表情」といったものに転換されて、その人に
必要な情報や、人脈に恵まれる結果に結びつくこともあるのです。

建築設備会社に勤めて五年目になるKさんは、社長の日頃の行動
や様子に疑問を感じていました。それは〈自分たち社員が真剣に
仕事をしているのに、よく毎日遊んでいられるな〉という思いで
す。その思いは日増しに強くなっていきました。

業務時間にもかかわらず趣味に精を出し、経理は事務員に丸投げ
をしている社長の見ている世界は、どのようなものなのだろう。
自分とどのように違うのだろう。そう思ったKさんは、何か共感
できるものはないかと考えました。書店に行き、目についた書籍
を数冊購入して読み始めました。

しかしどの本にも、社長の行動に当てはまるものはなく、むしろ
正反対の内容が多く目に付き、社長への不信感が更に募りました。

不信を抱きつつ仕事をしていたKさんは、ある日、現場に向かう
途中で事故を起こします。六カ月の入院となりましたが、社長が
姿を見せることはありませんでした。退院後、自身の解雇を確信
し、会社に向かいました。

久しぶりに出社したKさんを迎えたのは、綺麗に磨き整えられて
いたデスクでした。ただ驚いて立ち尽くしていると、社長から
「また頼むぞ」と一言だけ言われたのです。

復帰したKさんは、退院までの間、Kさんの机まわりを清掃して
いたのが社長だと知りました。また、あえて実務には口を出さず、
各部署のスタッフに任せきるのが長年の経験から得た社長のスタ
イルであることも、先輩社員から初めて聞かされました。

社員を想い、社員を信じるという信念の強さに、Kさんは感動し
たといいます。そして〈会社経営に定型・定番などなく、信念こ
そが最も大切なのだ〉と痛感したのです。

「純粋倫理の実践」は、実践する人(経営者)の「心のありよう」
が根本です。技術だけでなく、必ず「心」を寄せて実践に取り組
んでいきたいものです。
———————————————————-

心はいろんな形となって現れてきますね。よい心はよい形となっ
て、よくない心はよくない形となって現れます。今日もよい心で
楽しい休日を過ごしましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。