その時何を学ぶかで明日への成長は変わる(130615)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今週の倫理です。
———————————————————-
十九世紀にイギリスで活躍した劇作家のジョージ・バーナード・
ショーは「人間が賢いかどうかは、経験の量によるものではない。
その経験をいかに活かすかによるのだ」という言葉を遺していま
す。

職場には「様々な経験をしているのに、まったく能力が向上しな
い」という人がいます。一方では、「同様の経験を積みながら、
日々着実に向上している」という人もいます。

こうした能力の向上の差は、「普段から『経験』をどのように活
かそうとしているか」という姿勢にあるといえます。

入社して五年目のEさんは、職場生活に不満を感じるようになり
ました。その理由は、同期で入社したF君のみが年月を経るごと
にキャリアアップし、昇進しているからです。Eさんは職場内で
めざましくステップアップしていくF君を、ねたましくさえ思っ
ていたのです。

そんなある日のこと、「自分には実績を挙げるチャンスが与えら
れていない。チャンスが与えられれば、努力して必ず会社の期待
に応えられるはずなのに・・・」と先輩のK氏に相談しました。

Eさんの話をじっくりと聞いていたK氏は、次のような助言をし
ました。

「チャンスを与えられているというF君は、『一を聞いて十を知
る』という言葉が示すように、仕事を単にこなすだけではなく、
そこから様々なことを学んで、次の仕事に活かすことを意識して
行なっているよ。そうしたプラスアルファの努力の積み重ねが、
社内でのチャンスを引き寄せているのだと思うよ。E君のように
『もしチャンスが来たら努力をする』ではなくて、『プラスアル
ファの努力を積んでチャンスを引き寄せている』ところに、F君
との力の差があるんじゃないかな」

Eさんは、K氏の助言を聞きながら、入社した頃からF君が会議
や仕事の合間に、サッと手帳にメモを取り、それを時々確認して
いる姿を思い出しました。そして、翌日からEさんは小さな手帳
を持ち歩き、〈これは大切なこと!〉と感じたことはサッとメモ
を取り、チャンスのアンテナを張り巡らすようになったのです。

困難に遭遇しても〈経験を積むチャンスが巡ってきたぞ!〉と感
謝の心持ちで立ち向かうようにもなりました。

成功するにせよ、失敗するにせよ、そこから何かを学び得るとい
う姿勢を磨き高めることが大切です。そうしなければ、自分自身
の仕事力を高めることはできないからです。

例えば、失敗をしても、〈何でミスしてしまったのだろうか?〉
と、その原因をしっかりと考えて、その後の対応策を把握してい
れば、二度目に同じ失敗を繰り返す可能性は少なくなります。さ
らに、仕事力の改善策のための課題もハッキリと見えてくるので
す。

成功している時も、その要因を分析することが大切です。謙虚な
姿勢を保ちながら、昨日よりも今日の仕事で発展した成果を手に
入れることが出来るでしょう。

人に与えられている時間は「一日=二十四時間」と皆平等です。
その時、一瞬一瞬をどのように学び、どう活かしていくかで自己
は成長していくのです。
———————————————————-

学んだことをどう活かすか。行動とはその場限りの動き。実践と
は行動を継続していくこと。成長には実践が欠かせません。今日
も実践していきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。