プラス思考とマイナス思考の正体(130705)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

プラス思考、マイナス思考という言葉をよく使います。最近の脳
科学の進歩により、科学的にこに二つの正体が解き明かされてき
ています。

始めに、脳は三層に分かれています。すべてこの三つの層が反応
し、思考が出来上がっています。

「脳幹」と言われる層は、ホルモンを出す、いわゆる生命線の働
きをします。心臓を動かしたり、呼吸をしたり、無意識で働いて
いる脳です。

「大脳辺縁系」の層は、感情の脳をさします。

「大脳新皮質」の層は、考える脳・知性の脳と言われています。

上記、3つの脳が瞬時に反応しパパッと思考を作っているのです。

インプットされたデータが感情脳に入るのはわずか0.1秒。さ
らに0.4秒かかって思考が出来上がります。この作り方(反応)
が人それぞれによって違います。

プラス思考、マイナス思考が何で決まっているか。実は、全て三
層構造の脳の反応で決っているのです。

目標に対してありたい自分、なりたい自分を作るために、その目
標に対してプラス思考、プラスイメージ、プラス感情をトレーニ
ングすることで一歩近づくことができます。

プラス思考、プラスのイメージを持って仕事に取り組みましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。