健康の三原則 (130711)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「健康の三原則」『致知』2013年8月号特集「その生を楽し
み その寿を保つ」総リードより

———————————————————-
その生を楽しみその寿を保つ。本誌にゆかりの深い新井正明氏は
この言葉を好まれ、よく口にされた。

その生を楽しむとは自分の生業を楽しむということ。仕事を楽し
むことができれば、自ずとその寿を保って長生きができる。

新井氏は言葉の意味をそう説明されていた。事実、氏はこの言葉
どおりの人生を生きられた。

二十六歳の時、ノモンハン事件で負傷、右脚切断、隻脚の身とな
られた。

「人より遅く来て早く帰ってよろしい」という上司の言葉を有り
難く受け止めながらも、人より早く出社し、人よりも遅くまで働
き、社長、会長としてすぐれたリーダーシップを発揮、社を業界
上位に躍進させ、数え九十二歳までその寿を保たれた。

その新井氏が生涯の心訓とされたのが安岡正篤師の「健康の三原
則」である。

曰く、

一、心中常に喜神を含む。
どんなことにあっても心の奥深いところにいつも喜ぶ心を持つ。

二、心中絶えず感謝の念を含む。

三、常に陰徳を志す。

「その生を楽しみその寿を保つ」ために忘れてはならない三原則
といえよう。
———————————————————-

事を成就していくには、原理原則というのがあるようです。健康
で自分の人生を全うするにも、原則というのがあります。その三
原則を常に意識することで、健康でいられるものだと思います。

今日の徳目は「健康」。暑さに負けず、健康な一日を過ごしまし
ょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。