“つながり”がビジネスを変える(130821)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

日経BPメール配信で、「先進的な企業は取り組んでいる!“つ
ながり”がビジネスを変える」というテーマでした。以下、抜粋
して紹介します。

———————————————————-
ソーシャルメディアやモバイルデバイスの普及によって、いつで
も、どこでも、誰とでも、双方向的なコミュニケーションがリア
ルタイムに行える環境が実現した。こうした新しいテクノロジー
が、ビジネス環境をも大きく変えようとしている。

たとえば、ソーシャルメディアを使って顧客に直接、情報提供を
行なったり、つぶやきから顧客のニーズを吸い上げたり、会社と
顧客との関係性を深化させることが可能になった。また、関係性
を深化させられるのは、顧客に対してだけではない。

社内のコミュニケーションを活発化させたり、パートナー企業と
の連携を強化したり、会社と顧客だけでなく、会社と社員、会社
とパートナー企業との“つながり”を強化させることもできる。
さらにそれがモバイルやクラウドによって、時と場所を選ばず、
多様なカタチで実現が可能となった。

すでに先進的な企業では、ソーシャルとモバイルによって、「新
しいカタチで顧客や社員とつながる」「新規顧客を見つける」
「ソーシャルメディアでのつぶやきをマーケティングに活かす」
「パートナー企業とのリアルコラボレーション」「モバイルアプ
リで営業効率を上げる」「顧客の不満を喜びに変える」といった
ことを成功させている。

ソーシャルやモバイルを活用し、顧客や社員、パートナーと“つ
ながり”、密接な関係を構築するためには、どのような工夫が必
要なのだろうか。

その大きなヒントとなるのが、10万社を超えるあらゆる業種の
企業が導入している「Salesforce」だ。ソーシャル・モバイル・
クラウドを連携させた革新的なテクノロジーを利用することで、
顧客とのより密接な関係を構築したり、社内のコラボレーション
を活発化させたり、パートナー企業との間で顧客情報や製品・サ
ービス情報の共有を進めることが可能になる。
———————————————————-

まだまだ、ソーシャルやモバイルの効率的な活用は、潜在的にあ
るようです。“つながり”を意識してみましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。