「人を育てる」というのは、「未来をつくる」こと(130828)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

理念と経営9月号の連載記事。「くちびるに歌を持て 心に太陽
を持て」の中で「子育て」の事が書かれていました。なるほどだ
なぁと頷いた内容です。

スウェーデンの中学生用の教科書に載っているというから驚きま
す。

1.殴られて育った子供は力に頼ることが習慣づく。

2.皮肉な言葉を浴びて育った子供は、良心の働きが鈍くなる。

3.批判ばかりされて育った子供は、責めたり非難することをお
ぼえる。

4.笑いものにされて育った子供は、ものを言わないことを知る。

これまでは、良くない子育ての事例ですが、次は、良い場合の事
例です。正直、ホッとします。

1.友情を知ることが出来た子供は、親切ということを覚える。

2.心が広くて豊かな人に出会った子供は、忍耐ということを知
る。

3.正々堂々とした態度を体験した子供は、公平で平等、正しさ
を悟る。

4.賞賛された経験のある子供は、評価することを覚える。

5.安心を経験した子供は、信頼を知る。

6.激励を受けて育った子供は、自信を持つ習慣がつく。

7.可愛がられ抱きしめられて育った子供は、世界中の愛情を感
じることを覚える。

子育てというのは、やり直しがききませんね。僕ももっと早くこ
のことを知っていれば、違った子育てができたかもしれません。

家庭でも会社でも「人を育てる」というのは、「未来をつくる」
ということだと思います。

今日も明日の未来を創造し、理想の自分をつくり出していきまし
ょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。