気分と人の心 (130904)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

日本能力開発分析協会発行のJADA通信に、「気分と人の心」
について書かれていました。

よく「気分が悪い」とか、「気分が落ちている」「気分がいい」
といった「気分」について表現します。では気分が落ちている時
はどんなことを考え、気分が高いときはどんな状態なのでしょう
か。

気分が落ちているときは、得てして現実的なことを考え過ぎてい
る状態です。

「気分が良くなるとやる気になり、現実の厳しさを冷静に考える
と仕事がつらく、楽しくなくなり、やる気も失せる」

ではどうすれば気分が良くなるか?ということです。

「それには脳を快にさせることが大事で、現実の厳しさばかりを
先に考えるのではなく、まず先に、脳の気分を良くさせて、それ
から、現実を分析することです」

現実に向き合うことはすごく大事です。向き合えないと現実逃避
になって、問題解決は何一つ進みません。ただ、現実のできてい
ない厳しさだけを見続けるのではく、楽しみ(楽しさ)を先に感
じて、次に現実と向き合うといった、順番をちょっと変えるだけ
で、人のやる気というのは持続できるのではないかと思います。

仕事は楽しいものですか?それともつらいものですか?

仕事がつらくなったら、お客さまの喜ぶ顔、自分が成長した姿と
いった未来を少し良いイメージにするだけで脳は快になると思い
ます。

今日も成功イメージを意識して、仕事に取組んでいきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。