目標を持っている人と持っていない人の差は、知識ではない(130916)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「がんばれ社長!」のメーリングリストから今日のポイント『目
標の雑巾がけ』より。

—————————————————————————————–
一般的には、目標を持つことの大切さは皆が知っている。また、
目標の作り方が分からずに困っている、という人もほとんどいな
い。皆、やり方も知っているのだ。

自転車の乗り方が分からないという人はいないが、実際には乗れ
る人と乗れない人がいる。その差は知識ではなく技術だ。反復練
習で体得するコツのようなものを体内にもっているか否かの違い
だ。

目標もそれと同じで、目標を持っている人と持っていない人の差
は、知識ではない。会得したコツを身体にもっているか否かの差
だ。

そのコツの一つが雑巾がけ。
目標設定には雑巾がけが必要なのである。机や廊下を雑巾がけす
ると気持ちがよくなる。でも一日二日すると、ほこりや汚れがた
まり、ゴミが落ちる。だからまた雑巾がけをする。

仮に一ヶ月雑巾がけをしないとどうなるか。汚れの上に汚れが不
着し、汚れが取りづらくなる。

目標設定した直後はピカピカの廊下のようなものでとても気持ち
いい。でも一日二日するとほこりがたまるのでまた雑巾がけする。
目標を思い起こすことや、昨日までの進み具合を確認し、必要が
あれば、行動を修正するか、計画を修正する。それが目標の雑巾
がけだ。

雑巾がけをいつ、だれと、どんな方法でやるかを決めておこう。
さもないと雑巾がけが億劫になる。すると、その人はもっと出来
るはずなのに、必要最小限のことしかやらないズボラな人に成り
下がる。それが続くと、ほんとうにそれ以上のことができなくな
る。これが、やる気と才能のデフレスパイラルだ。

そうなる前に雑巾がけ。そうなってしまったら業者に頼んでワッ
クスがけ。
—————————————————————————————–

印象に残った言葉は、「目標を持っている人と持っていない人の
差は、知識ではない。会得したコツを身体にもっているか否かの
差だ」まさにその通りであると思います。ということは、できる
目標を設定し、小さな成功体験を身体に覚えこませることです。
その積み重ねが自信となるのです。

小さな成功体験を重ねていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。