健全な死生観をもつ (130928)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

人は100%死にます。人の死を身近に感じなくなった時代と言
われますが、どう死ぬかはどう生きるかに繋がります。健全な死
生観を持っておく為にも、死を避けるのではなく死を考え、今に
生きるを意識するといいかもしれません。

今週の倫理です。
—————————————————————————————–
いずれ誰にでも訪れる「死」をどのように受け止めればよいのか、
肉親の死に直面した時、悲嘆を癒やす過程において、純粋倫理は
有効に作用するのか――という問いに答えた本があります。

『悲嘆からの贈りもの~最愛の肉親の死を乗り越えて』(倫理研
究所編)です。倫理研究所にはかつて、倫理版グリーフワーク
(悲嘆の癒し作業)の確立へ向けた研究グループがありました。

本書は、その研究成果をまとめたものです。研究は、純粋倫理の
視点において「死」「寿命」をどう捉えるか、という問いから始
まりました。先行研究の文献調査を中心に、全国から寄せられた
実践事例の検証や相当数の聴き取り調査を行ないました。

調査を通じて、「寿命とは、生命活動全般を指し、この世に担っ
た使命を果たすために限られた時間である」と位置づけると共に、
「人のいのちの価値は、長短では測れない。生涯の長さよりも、
どう生きたかという生の密度が重要な意味を持つ」という一定の
見解を導くに至りました。

聴き取り調査は主に、肉親の死を迎えたご遺族を対象に行ないま
した。話を伺う中で、純粋倫理を学ぶ会友の中に、「死は敗北で
あり、罪や罰の代償」であるかのように、悲観的に捉えている方
がいることを知りました。〈あなたが悪いからこうなった〉と心
ない言葉を周囲から浴びせられ、深く傷つき、自責の念に駆られ
続ける方にも出会いました。

また一方では、悲しみを受け止め、乗り越えて、心を安らかに保
っている方もいらっしゃいました。

様々な研究調査を経て、悲しみを癒やす倫理的なアプローチとし
て抽出したのは次の三点です。

一つ目は、「故人への語りかけ」です。亡き方を身近な存在とし
て感じ、挨拶や依頼ごと、祈りを通して声をかけるなど、積極的
な関わり合いを重ねることです。

二つ目は、「故人の遺志を引き継ぐ喜びの働き」です。故人の思
いの実現に向けた取り組みを喜びいっぱいに行なうこと。また、
現在、自分の仕事や地域活動などで引き受けていた役割を喜んで
努めることです。

三つ目は、「亡き御霊に対する積極的な感謝」です。故人が家の
守り神となって見守ってくれていることを信じ、感謝を捧げつつ、
亡き肉親の御霊の存在を思い起こす取り組みです。

これらの実践を総称して「祖霊迎拝の倫理」と捉えています。そ
の、もととなる思想は、「死は生なり」という純粋倫理の独自の
思想です。

死は誰にでも訪れること。今ある生を、与えられた命をいっぱい
に輝かせるためにも、時に死を見つめるということから、「どう
生きるか」を問い直していきたいものです。
—————————————————————————————–

今日も今ここに全力投球で重ねていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。