「何を話すかが重要」準備をしっかりと(131008)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「何を話すかが重要」話の材料探しと準備をしっかりと。上手に
話すことを考える前に、まずは「何を話すか」。重要なのはテー
マと内容です。

1.話題やボキャブラリーを豊かに。
話題や語彙を豊富に持つためには、日常の中でアンテナを張って
おくことが大事です。立てたアンテナにしか情報は入ってきませ
ん。新聞の見出し、雑誌の表紙、中吊りなど、社会の動きや季節
感がわかるだけでも話題になります。

2.聞き手のことを考えた話題選び。
「自分が話したいから」だけで話題を選ぶのは問題です。聞き手
の年令、性別など、どんな話題に興味を持っているのかなど、事
前に情報を入れておくと、話題選びにも工夫がうまれます。

3.事前に準備をしっかりと。
スピーチやプレゼンテーションは、事前にどれだけ準備したかで
決まります。準備とは、原稿を作ることも大事ですが、一度や二
度は声に出してシミュレーションしておくべきです。

4.アドリブも準備の集大成。
場の雰囲気、空気で、咄嗟の機転もプレゼンテーションには求め
られます。おもしろい言葉やフレーズをいくつか用意しておくと
余裕をもって進められます。

何事も準備が大事です。準備なしで臨むと、後手後手に回り、伝
えたいことも伝わりません。スピーチやプレゼンテーションは、
どう話したかより、どう伝わったかが一番重要です。

その為の準備を怠りなく、常にアンテナを張って、これは使える。
といった語彙も自分なりに収集しておきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。