「字」はその人のその時の感情や想いや思考を表す(131102)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

僕は、小学1年から6年生までの6年間、習字を習ってました。
週に一回の習い事が、楽しみな時もありましたが、みんなと遊ぶ
時には、ちゃっちゃと済まして帰ろうとしてました。

心の状態が字に出てきます。それは子供の頃から今も同じです。
何か、心に焦りを感じていると、字を間違ったり雑になってしま
います。

字の上手下手ではありません。字はバランスです。バランスが保
たれていれば字は美しく見えます。それは人間もそうです。バラ
ンスの良い心の持ち主は、どことなく美しく見えるものです。

現代は、パソコンが流通し、メール文化の中、なかなか手書きで
表現する機会が減ってきているように感じます。

社内における文献レポートの提出にも賛否両論あるようです。賛
否両論あって当たり前です。

仕事に追われているときは、そんなどころじゃない。読みたくな
い。書きたくない。が本音でしょう。僕もそう思います。だから
といって全くやらなくなったらどうでしょう。自分の心を向き合
う時間が極端に少なくなると思います。

コミュニケーションエナジー社の今井氏の言葉です。
———————————————————-
「字」はその人のその時の感情や想いや、思考をよく表します。
そして、考えながら、自分に問い続けながら文字におこすという
ことは自分自身を表現するだけでなく、相手に想いを届ける、つ
まり伝えるのではなく、「語る」ことにつながっていくのではな
いでしょうか・・・
———————————————————-

いい悪いではなく、何のために実施してるのか。意図を汲み取る
ことが大事でねす。それは理念経営にも繋がっていくと思います。
みなさんはどう思われますか?

今日もバランスよい心を保って休日を楽しみましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。