人間、本気になればなんでもできる(131103)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「非常識な監督」香田誉士史(駒澤大学附属苫小牧高等学校野球
部元監督)『致知』2013年12月号連載「致知随想」より

———————————————————-
白河の関を優勝旗は越えない。そんな定説に支配されていた高校
野球の指導者として、私が北海道の駒澤大学附属苫小牧高等学校
に赴任したのは平成7年、24歳の時でした。

当時の駒大苫小牧の野球部は地区大会の1、2回戦で敗退する弱
小チーム。私はこのチームを甲子園に連れて行き、いずれ日本一
にという目標を掲げて臨みました。

しかし、私の赴任前に監督不在の時期が続いていたこともあり、
部員たちは当初不信感を募らせ、なかなか心を開いてくれません
でした。

若さゆえにがむしゃらにチームを引っ張ろうとする私のやり方も
空回りをし、一時は練習をボイコットされる事態にも至りました。

各地に赴き、有望な中学生を勧誘して回っても、弱いチームに選
手はやれない、と全く相手にしてもらえません。

「畜生!」「ふざけんな!」

帰りの車の中では、悔しさのあまりそんな叫び声が何度も何度も
口から迸り出ました。

いつか必ず、駒大苫小牧で、この香田のもとで野球をやりたい、
とたくさんの子供たちから言われる野球部にしてみせる。そう心
に誓い、私は部員たちに自分のすべての情熱、愛情を注ぎ込んだ
のでした。

そんな私たちに大きな壁となって立ちはだかったのが、北海道の
冬でした。授業が終わり、「さあ練習だ!」と外へ繰り出すと、
既に辺りは薄暗く、寒く、グラウンドは雪で覆われており、部員
の士気は否応なく下がるのです。

この地域的なハンディにより、北海道のチームは本州のチームに
は勝てないという思い込みが浸透していました。

しかし、甲子園出場、そして日本一という目標を実現するために
は、なんとしてもこの冬を克服しなければなりません。

強いチームをつくるためには、ピッチングやバッティングなどの
個々の技術ばかりでなく、様々なせめぎ合いの中で、守備時には
相手にホームを踏ませないための、攻撃時には一つでも多くのホ
ームを踏むための様々な連携力を磨いていかなければなりません。

冬場に野球から遠ざかっていては、大会本番までにとても間に合
わないのです。

そこで私は、ブルドーザーを調達してきてグラウンドの雪を取り
除き、冬場はまともに練習できないという常識に挑戦したのです。

当初、吹雪いている日に「外で練習をやるぞ!」と言うと部員た
ちも怖じ気づいていましたが、続けるうちにそれが当たり前にな
り、内心これは寒いだろうなと思う日でも「きょうはどうだ?」
と聞くと、「大丈夫です!」と元気な声が返ってくるようになり
ました。

人間、本気になればなんでもできるものです。

厳しい冬と懸命に闘ってきただけに、雪解けを迎える喜びは格別
でした。

気候に恵まれた地域の野球部には絶対に負けない。それが私たち
の合言葉でした。
———————————————————-

できない、無理と思った時点で一歩も踏み出すことができません。
それを踏み出させるのがリーダーの役目でもあるように思います。
自分可愛さに中々これができないリーダーが多いです。念いが弱
いのでしょうね。本気になりましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。