肯定の人になる (131120)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

鈴木民二先生の「大きな人生の輝き」という冊子に、言霊のよう
な言葉が連なっています。

第一章は「肯定の庭に咲く花」です。読んでいるとなるほどだな
ぁ。と心に響いてきます。「肯定するとは、受け入れること」。
心に響くということは、それだけ肯定できない自分がいるのでし
ょうね。

いくつか紹介します。

<肯定の人の辞書>
次の言葉たちは、肯定の人の辞書に
先頭を競うように登場してくる。
「はい、わかりました」
「ありがとうございます」
「なるほど、そうですね」
「おかげさまで」

肯定の人の辞書に収録されていない
言葉があった。
「いいえ、それは違います」
「できません」
「それはいやです」
「ああ、困った」

<溜まらない>
肯定の人々に、
共通して溜まらないものがある。
何が溜まらないのであろうか。
それは「ストレス」
二十一世紀が進むにつれて
万秒の元と宣告されたのがストレス。

肯定の人には、このストレスが溜まらない。
一時的にプレッシャーを
受けることはあっても、蓄積されて
ストレスにまで高まることはない。
日常に「信」が根づいているから。
その「信」が自分を癒し続ける。

肯定の人になりたいものです。いや立場上ならなければダメです。
自分が肯定の人にならずして、みなさんに求めてもそれは無理な
話です。今日も肯定の人に一歩近づくように受け入れていきます。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。