マイナスがプラスの種 (131219)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

NLP-JAPANラーニング・センターからのメルマガに、マ
イナスに感じることは決して悪くない。といった記事がありまし
たので紹介します。

———————————————————-
生きていると良いことも、時には残念ながら自分にとって大いに
マイナスに感じることも起こるものです。そこで今日は実は『マ
イナスがプラスの種』だという話をしたいと思います。

騙された、裏切られた、上司に恵まれない、本当に好きでやって
いる仕事じゃないのでやる気が出ない、理不尽なことが多い、親
が、子供が、夫が、妻が、給料が・・・マイナスな出来事をあげ
るとキリがないかもしれません。

短期的な視点で見るとマイナスな部分にしか目がいかないかもし
れませんが、5年、10年という長い目で見てみると実はそのマ
イナスの『おかげ』でプラスに転じていたという事がよくありま
す。

世の中には、似た者同士が集まるというような傾向、法則があり
ますが、マイナスの部分にばかり視点を置いていると反応や対応
の仕方がすべてマイナスになるので、もっとマイナスを作り出し
てしまうということが起こりがちです。これも法則と言えば法則
ですね。

もし、今、自分がマイナスの何かに捕らわれてしまっていると感
じている方は、そのことをここでパッとやめてしまいましょう。

そして、『思考の使い方』ということで、以下の質問を自分に投
げかけてみることです。

『この経験は自分に何を教えてくれているのだろう?』
『これは自分にとって、どんな意味があるのだろうか?』
『ここから自分は何を学ぶことができるのか?』

強烈なマイナス状態にあると、これらの質問をしてみてもスグに
は答えが見つからないかもしれませんが、その『問い』が種とな
ってプラスの視点をもたらしてくれるでしょう。

マイナスな部分にずーっと目を向け続けるよりもプラスの方に視
点を持って行く方が自分にとって将来確実にプラスになります。

もし、自身でマイナスと感じる状態のまま、あと、1年、5年、
10年そのままだっとしたら。

例えば、10年前に私のことを騙したり、裏切った人のことを未
だに私が毎日憎しんでいたとしたら、私は幸せでしょうか?不幸
せでしょうか?

前向きなことに意識を向けた方が自分にプラスになることを・・
もうお分かりいただけていますよね。思考の焦点のあて方次第で、
私たちの状態は大きな変化を伴います。

「問いかける」だけで、自分のいい状態を作り出すポイントでし
た。
———————————————————-

自分へ問いかけてみましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。