究極の自分に出会う (131222)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

来年の目標もそろそろ考え出す頃です。目標の前に習慣も見直す
ことが大事です。こういう自分になりたい。と思えば、それに近
づく努力をしないと、いつまでたっても、あ~でもない、こ~で
もない。と言いながら、一年を終えてしまうのです。

さて、習慣にまつわる、おもしろい記事を見つけましたので紹介
します。武沢 信行氏のメールマガジンからです。

———————————————————-
『究極の自分に出会う』

●1本の糸なら子供でも簡単に手でちぎれるが、それが10本と
なると大変だ。それが何百本も集まって撚(よ)りをかけると巨
大なタンカーをつなぎとめる太いロープになる。今日一日を1本
の糸とするなら、一年は365本の糸に、10年は3650本の
太いロープになる。私たちは一日一日の習慣によって形作られて
いるわけだ。

●ある日の夕食会でパーソナルコーチをしている女性からこんな
ことを聞かれた。「もし来年、こんな習慣が身についたら最高だ
なって思える習慣はありますか?」私は手に持っていたワイング
ラスを彼女の顔に近づけながら、「これを減らせたら最高です」
とお答えした。以下、そのときのやりとり。

女性:武沢さんにとってお酒を減らすとなぜ良いのですか?
武沢:まず身体にやさしい。それに、食後の読書だって問題ない
女性:週に何回ぐらい召し上がりますか?
武沢:一年365日飲む
女性:それを何日にしたいのですか?
武沢:せめて半分ぐらいにはしたい
女性:それは武沢さんにとってどの程度の難易度ですか?
武沢:猛烈に難しいと思う。だって毎日飲んでるのだから
女性:かなりお好きなんですね
武沢:昔はそうでもなかったんだが40を過ぎてからこうなった
女性:最近飲まなかった日はいつだったか思い出せますか?
武沢:う~ん、そういえば二度入院したが、その時は飲んでない
女性:今年ですか?
武沢:そう、夏と秋
女性:何日ぐらい入院されましたか?
武沢:一週間の入院を二度した。なので合計二週間は飲んでない
女性:入院中はなぜ飲まなかったのですか?
武沢:それがルールだし、どこにも売ってない
女性:ということは入院以外の日でもできるということですか?
武沢:たしかにそういうことだね
女性:どういうルールや状況を作れば飲まない日を作れますか?
武沢:週末だけ飲んで良い。あとはノンアルコールドリンクにす


●顔には出さなかったが、私はその時ハッとさせられていた。
二度の入院中は、歯の腫れや痛み、全身麻酔に対する不安、刺し
っぱなしの点滴の針など、相部屋の人への気づかいなど、不慣れ
なことだらけでお酒のことなど完全に忘れていた。だから一週間
も酒を断っていたのに欲しいとすら思わなかったことを思い出し
たのだ。夕食の時には飲む、それが正常時において自動的に行わ
れるようになっているのが現状だ。これこそ一日一日の「習慣」
である。

●女性コーチが私に聞いた「こんな習慣が身についたら最高だな
って思える習慣」のことをその後も何度か考えてみた。

・お酒を半分に減らし読書する時間を増やす
・今のジム通い頻度を守り、一日一食を継続して鍛え上げた体に
する
・一年間目標を見つづけ、誘惑に負ける日を作らないようにした


●素晴らしい自分とダメな自分が誰にでもあるというが、どちら
の自分がたくさん出ているかが勝負。そのためには、素晴らしい
自分が出やすい状況を作ってあげる必要があるわけで、自己を律
し、生活を律することがその前提条件になると思う。そうしたら、
素晴らしい自分が覚醒してバージョンアップし、今まで一度も見
たことがないような「究極の自分」が現れてくるかもしれない。
———————————————————-

究極の自分に出会うべく、一日一日の習慣を見直してみましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。