自分の心に覚悟を持たせる(140102)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

坂村真民(仏教詩人)『坂村真民一日一言』1月2日の言葉より
———————————————————-
新しい年を迎えるには、
新し心構えがなくてはならぬ。
決してただ漫然と迎えてはならぬ。

そしてその心構えには
年相応のものがなくてはならぬ。
50代には50代の心構え、
70代には70代の心構えが大切である。

還暦になったんだから、
古稀になったんだからという妥協は
自己を深淵(しんえん)に落ち込ませるだけである。
———————————————————-

1月2日は書き初めの日です。今朝のモーニングセミナーでは、
今年のテーマを発表しました。やはり、声に出す。書初めもそう
ですが、アウトプットは自分の心に覚悟を持たせる意味では必要
なことだと思います。

冒頭の坂村真民一日一言は、「念ずれば花ひらく」や「二度とな
い人生だから」の詩をはじめ、数々の作品を世に送り出した詩人
です。

新しい年を迎えるにも、新しい心構えがなくてはならない。新鮮
な教えとして、そうだなぁ。と思うものがあります。

何事も新しいことへ挑む場合は、心構えがしっかりしていないと
うまくいきません。一見、新しい年というのも受け身のように捉
えがちですが、冒頭の詩のように、新しい心構えというふうに捉
えると、意欲も違って湧いてくるように思いますが、みなさんは
いかがでしょうか?

お正月三が日も明日を残すのみとなりました。新しい心構えを持
って、覚悟を持って、仕事に取組んでいきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。