気づいたらすぐやる (140111)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今日、明日の自己啓発格言は「すぐやる」です。今週の倫理でも
「即行」について書かれています。

今週の倫理より
———————————————————-
新しい年が明けてから、十日あまりが過ぎました。お正月中に養
った鋭気をもって、今年一年を充実したものとすべく、よいスタ
ートをきりたいものです。

今週は、日々物事に取り組んでいく上での心得や姿勢について、
心身両面から、ポイントをお伝えします。

(一)即行 気づくと同時に行ないに移す。
(二)純粋 そのままである。何も考えぬ。付加せぬ。
(三)直行 まっすぐに行なう。
(四)結果を考えぬ 予想せぬ。
(五)緊張 実践は、ゆるんではだめである。
(六)一気呵成 一息にやり上げる。
(七)おしとおす 一歩も退かず押していく。
(八)反復不退 出来上がるまでつづける。
(九)不悲不喜 わるかったと悲しみに浸り過ぎない。よくできた
からといって喜びすぎて油断しない。
(十)慎終 後始末をよくする。

これらは、内容的に三つのグループに分けることができます。
(一)と(二)は、物事を始めるに際しての心がけです。たとえば、
「今年はすぐにお礼状を出すぞ」と決意したとしましょう。しか
し、たとえ気づいても、すぐに行動しなければ(礼状を出さなけ
れば)、気づきはやがて雑念となり、果ててしまいます。グズグ
ズしていたり、面倒がって先送りにしていると、別の用件が生じ
て、せっかく気づいたこと、決意したことが無駄になってしまい
ます。

また、相手からのアドバイスや助言などをそのまま聞き、実行す
る姿勢(=純粋)も大切です。〈それが何の得になる?〉などと
ゴチャゴチャ思い悩んでいたり、できない理由ばかり考えていて
は、実行を通して味わえる喜びを体感することはできないでしょ
う。

(三)から(八)は、その物事を行なっていく際の心得です。行動を
し始めたら、断固として継続すること。〈人にどう思われている
か?〉などと思い煩うことなく、目の前の物事に集中して取り組
む。これが「直行」であり、「結果を考えぬ」です。

この時、大切になってくるのが、(五)から(八)までの姿勢です。
これらは〈始めたことは必ずやり遂げる〉という強い意志の表わ
れです。

(九)と(十)は、物事を締めくくる際のポイントです。行動には失
敗がつきもの。順調に成功することもあれば、うまく行かずに頓
挫する場合もあります。成功したからといって楽観的になり過ぎ
たり、失敗したからといって悲観し過ぎない。「不悲不喜」とは、
そういう意味です。そして、どのような時もしっかりとした「後
始末」をやり遂げること。物事にはっきりとした終止符を打ち、
次に備えるのが慎終です。

これら十項目は、新年に立てた決意や目標を実現させるための支
えとなるでしょう。今年は、昨年よりも一歩も二歩も成長する自
分になろうではありませんか。
———————————————————-

今年、新年式で立てた目標、やり続けていますか?少し努力して
実行できる目標を、毎日毎日続けることです。そうすると必ず自
信がついてきます。

今日という日は二度とめぐってこない。気づいたらすぐに実行に
移していきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。