利益は「目的」ではなく「必要条件」(140127)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

土曜日と日曜日は、僕も含めてリーダーが集まっての来期の経営
策定合宿を行ないました。環境を変えて時間をたっぷり使い、お
互いの思いを共有していくことは、重要かつ必要なことだと実感
しました。

以前、伊王島で全社的な経営品質に取組むべく合宿を行いました。
これも全社で共有していくには重要かつ必要なことだと思ってい
ます。予算的な兼ね合いもありますが、周年行事として計画して
いきたいと思っています。

「理想」と「目指すもの」は違うと言われます。今回の合宿は後
者の「目指すもの」を徹底的に掘り下げていきました。導き出さ
れた「目指すもの」は①営業利益の黒字化。②経常利益100万
を創出する。です。これを最優先課題と位置付け第18期をスタ
ートしていきます。

尚、詳細については2月の研修会で皆さんと共有していきます。

ここで共有したい点は「利益が目的ではない」とうことを協調し
ます。では何か。利益は「目的」ではなく「必要条件」だという
ことです。つまり、利益がなければ経営は成り立たないというこ
とです。

例えば、人間が生きていく目的はなんでしょか。何のために生ま
れてきたのでしょうか。大きく捉えると、それは「幸せになるた
め」に生まれてきたと思います。その為の必要条件はなんでしょ
うか。いろいろあると思いますが、①心身共に健康である。②経
済的な豊かさ。③働きがい・生きがいなど他にも多々あります。

前者の話に戻して、仮に人間が生きていく目的を①心身共に健康
としたらどうでしょうか。生きる目的にはならないと思います。

それと同じように、会社の目的は「利益を上げる」ことではなく、
「会社に関わる人々(社員とその家族、業者、株主など)の幸せ」
にあります。その為の条件の一つに「利益を上げる」というのが
あるのです。その為に変化をおこし、全社的に努力していかなけ
ればならないのです。

来期のイメージが出来ました。あとは動くだけです。動いていき
ましょう。動きながら考えていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。