自分との約束 (140204)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

自分との約束。「ドラッカーさんに教わったIT技術者が変わる
50の習慣」より。

他人との約束は、案外守ることができます。それは何故か。破る
と信用を無くすということと、守れる約束しかしないからです。
一番難しいのは「自分との約束」です。守ったからといって、褒
められたり認められたり、ということはありません。そして破っ
たからとて、咎められることもありません。

スキルを磨くことで、一番重要なことは自分との約束を守り続け
る習慣です。今日は疲れたとか、今日は雨が降ったとか。といっ
た例外を一回でもつくってしまうと、習慣化は難しいものになっ
てしまいます。

例えば、資格試験に取り組む場合は、毎日、寝る前に30分だけ
勉強するとか、日曜日に3時間取り組む。といった自分との約束
が生まれてきます。

自分の中で約束をつくって守っていく事で、実践や訓練を行うこ
ととなるのです。

著者が実践された具体的な内容が書かれていましたので紹介しま
す。健康の為に少し歩く時間を長くする。といった実践です。

———————————————————-
私は健康の為に少し歩く時間を長くすることにしました。私がこ
の目標を達成するために最初に行ったことは、万歩計を買うとい
うことです。そして、毎日5000歩を歩くと決めました。また、
自分との約束として5000歩に満たない日は、ビールやお酒を
我慢すると決めました。

こう決めて、まず朝の出勤で歩くことを少し増やしました。万歩
計を見ながら生活をしていると、コンビニまで歩いて帰ってくる
と800歩とか、徐々に加減がわかってきますので、昼休みにわ
ざわざ歩いてコンビニまで行ったりという行動も増えました。

しかし、ときには帰宅して見てみると3500歩くらいしかない
こともあります。そうすると、ビールが飲みたいために、少し散
歩をするようになりました。こうして、ほとんどの日は5000
歩以上を歩けるようになりました。
———————————————————-

自分との約束を守って、よい習慣をつくっていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。