守ることができる約束をする(140205)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日に引き続き、「自分との約束」について書きたいと思います。
では、どうしたら自分との約束を守っていけるのでしょうか?

気合を入れるとか、守れるように努力するとか、意識をしますと
か、出てくる言葉は、耳障りのよいものですが、おそらくそれで
は守っていくことは難しいでしょう。それは何故か。具体的では
ないからです。

習慣とは、具体的な行動の連続系で成り立っていきます。よって
具体的な行動へと変換していかない限り続かないのです。気合が
ないとか、努力が足りない。といったことではないのです。

案外、具体的な行動へ変換できない人が、自分を責める傾向にあ
るようです。一種の自分甘えです。

自分との約束を守っていくのに一番大事なことは「守ることがで
きる約束をする」ということです。なんだと思うかもしれません
が大事な考えです。

次に、取り組むための準備をすること。ジョギングをしようと思
った人は、シューズを買う。というのも準備になります。物理的
に準備をすると意欲も高まってきます。

そして、取り組む基準をはっきりさせることです。ここに数値が
入ってきます。どのくらいやるのか。ということです。ジョギン
グの場合は距離です。僕の場合は歩数になります。しかし、ここ
で重要なことは、無理な数値を決めない。ということです。でき
る範囲を基準値として決めることです。

取り組みのハードルを下げるということです。目的は継続であり
習慣化です。今日やって明日やらなければ元も子もありません。

最後に、取組むことによって少し嬉しいことがある。という工夫
です。例えば、ジョギングしたらフェイスブックに投稿して「い
いね」をもらう。というのもモチベーションを維持する方法かも
しれません。ちょっとしたご褒美を自分に用意することで、次な
るモチベーションへと繋がっていきます。

今日も自分との約束。守れる約束に取組んでいきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。