情報をどう捉えるか (140214)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

情報をどう捉えるか。マイナスに捉えるとマイナスの結果しかで
ない。みなさんはどう思いますか?

おそらく、「そうだ、そうだ、その通り」と思うかもしれません。
頭で理屈でそう思っても、いざ、自分事となるとどうでしょう。
弱い心が邪魔をしてマイナスに取ってしまうのではないでしょう
か。

マイナスに捉えるというのは、自分の心の弱さです。意志の弱さ
でもあります。

例えば、お客様にアポを取るため電話をしたとします。相手は忙
しいので、「後にしてくれ」と言われたとします。「後にしてく
れ」というのは情報です。それもマイナスに捉えるとどうなるで
しょうか。

「悪いことしたな」「嫌な気持ちにさせたな」と自分勝手にマイ
ナス妄想を勝手につくってしまい、次電話するという行動にブレ
ーキをかけてしまいます。マイナスに捉えるとマイナスに結果し
か出ない。というのはそういうことです。

そういうことはおかまいなしに、何度も何度も電話をかけてくる
営業パーソンは、いつしか親しみさえ感じるようになります。

受け身の仕事では、そういうさらっとしたやり方で良かったかも
しれません。しかし、今は変わりました。泥臭く攻めていかなけ
ればなりません。あらゆる手段を使っていかないと、お客様は逃
げていきます。

どうでもいいことに敏感にならず、どうでもいいことはどうでも
いいのです。もっともっと外に意識を向けて仕事をしていきまし
ょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。