どうなれば成功かを確認する(140301)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

どうなれば成功かを確認する。「IT技術者が変わる50の習慣」
では、以下のように実際の例で書かれていました。紹介します。

「Aさんは、“この書類をお客様に届けてほしい”と上司から依
頼を受けました。Aさんは、“できるだけ早くお客様に渡そう”
と思って、急いで会社を出て、早足で地下鉄に乗り込みます。途
中で雨が降ってきましたが、濡れることなど構っていられません。

とにかく急いでお客様先を訪問しました。しかし、お客様は不在
で、Aさんは仕方なく受付で資料を託しました。その後、お客様
から電話があり、“ありがとう。でも、急いでなかったのに、ど
うしたの?”と言われてしまいました。」

これを読んでどんな感想を得たでしょうか。こんな経験は一つや
二つはあるのではないでしょうか。行動よりも前に、「どうなれ
ば仕事は成功なのか?」ということを、上司なりお客様(依頼者)
とすり合わせておけば、無駄な努力をしなくて済むようになりま
す。

仕事の順序の見直しは、思ったよりも大きな成果をもたらすこと
があるようです。

その為にも、仕事を細分化する習慣をつけることが大事です。今
届けなければならないのか。自分が届けなければならないのか。
ついでの時に他人に頼むことができないのか。といった仕事を分
解すると、品質も向上します。

時間を掛けて努力しているにもかかわらず、納期が守れない人は、
仕事の分解、組み立てを見直してみましょう。

仕事を分解し、分析し、組み立て直す習慣を身につけましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。