できるようになるには実際試してみる(140311)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日は、長崎大学経済学部の先生が来社され、ゼミの内容を伺い
ました。経済学部のゼミも進化して「実践体験型PBL」という
授業の説明でした。

「塩の辛さはなめてみて・・・」でも書かれてある通り、いくら
大学で経済学を学んでも、社会に出てすぐに活用できるかという
とそうではありません。知識だけでは活かすことができないので
す。

その知識を元に実際に活動してみてこそ、自分の身になっていく
ものと思います。自転車の乗り方を机上でいくら学んでも、自転
車に乗れないのと一緒で、知識を得た後は、実際に乗ってみない
と乗れるようにはなれないのです。

そのような目的で、経済学の知識を得て、実際の企業に出向き実
践してみる。そこで学生さんは自分の者として得ることができる
と思います。

我社は、その実践体験型のモデル企業としてお願いされ快諾した
次第です。

畝中さんが学生時代にお世話になったゼミの先生も見えられ、久
しぶりの再会で、先生も喜んでいました。教え子が社会で活躍し
ている姿を見ると、嬉しいものだと思います。

「実践体験型PBL」とは、ProblemBasedLear
ningの略で、「かんがえる、わかる、できる」がキーワード
です。

企業の現実的かつ具体的な課題を題材とし、それを解決していく
ことで自発的な学習や実践的な思考力を育成する教育方法です。

いわば、学生さんが、我社の課題を解決してくれる一助になって
くれる。ということです。

実際、5月から12月までの期間で行われます。どんな解決手法
が飛び出してくるか楽しみです。

僕たちにも通じるキーワード「かんがえる、わかる、できる」。
今日も意識して仕事に取組んでいきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。