見えないものを観る見方(140326)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

観察の観。よく人生観だとか仕事観といった場合にこの「観」を
使います。「観」とは見えないものをみる。といった見方といっ
た方がいいかもしれません。

人生をどう観るか。仕事をどう観るか。それぞれに物理的に見え
るものではないので、10人いれば10人とも観え方は違います。

20歳の人生観と80歳の人生観は違います。違って当り前です。
それと、新入社員の仕事観と10年以上のベテラン社員の人生観
も違います。

ということは、それぞれの経験体験によって見方は違ってくると
言うことです。

では、苦難観というものはどうでしょうか。苦難と言えば、読ん
だだけで苦しみといったいや~な感じを受けます。しかし、小さ
い苦難というものは、日々毎日現れては解決し、現れては解決し
ているのです。だからこうして生きているのだと思います。

苦難をどう観るか。この苦難も見えません。人は小さい大きいは
あるかもしれませんが、それぞれに苦難を抱えています。

僕も金曜日からの出張は苦難の連続です。と言ったところで、み
なさんに見えるわけではありません。

人それぞれの苦難というものは、それをどう捉えて観ていくか。
そこにかかってくるのだと思います。

苦難から逃げるのも一つの選択です。逃げたところで死ぬわけで
はありません。解決しようと苦難に立ち向かうことも選択です。

人生は選択の連続とはよく言ったものです。みなさん、今日は何
を選択していきますか。

今日も良き選択をしていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。