105キロウォークを通して、目的と目標の違い(140505)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

目的と目標の違い。105キロウォーク完歩から一夜明けて感じ
ることです。

そもそも、なぜ参加しようと思ったのか。動機は大したことでは
ありません。しかし、学びの継続でチャンスが目の前に来た時、
意識無意識関係なく反応するのでしょうね。

以前、バブルか弾けて多額の借金を抱えた経営者のお話を聞きま
した。途方に暮れ、どうやったら返済できるか。逃げない。と腹
に決め、その為には、強靭な体力と負けない精神力が必要だと決
心し、2000m級の山へ1000回登頂、1000冊の読書を
目標に20年で返済する計画を立てます。

1000回と1000冊も意味があり、毎週登山し年間50回、
毎週1冊で年50冊。これを1000で割ると丁度20年。返済
計画と合致します。

その後のお話では、20年も経たず15年ほどで借金も返済し、
登頂と読書も同じく達成されたそうです。

経営者は苦難や障害から逃げてはいけない。その為にも健康(体
力)と精神力(心を鍛える)を養わなければならないのだという
こと。その話が僕の中に残っていたのでしょう。

高倉健さんのドキュメント番組にも感化されましたし、塩沼亮潤
住職の千日回峰行も頭にありました。それらと比べると大したこ
とはありませんが、

1.一万歩連続1000日達成(現在417日)
2.105キロウォーク10年連続完歩(51歳を期に還暦まで)

といった目標を掲げた訳です。

昨年と今年は歩き方が全く違いました。昨年は105キロが体感
できておらず、目標は完歩でした。時間は気にしていません。し
かし、今年は時間を目標にしました。20時間を切る目標です。

昨年の反省も踏まえ、①まず休憩時に食べ過ぎない。(おにぎり
とか結構沢山あるので、昨年はつい食べ過ぎました。それでトイ
レ時間に時間を要しました)。②休憩時間を減らす。③座りこま
ない。

時間を意識すると、歩き方、行動に変化をもたらします。仕事で
も通じるなぁ。と思いました。

最初はやってみる。二回目はちょっと数字を意識してハードルを
上げていく。その連続性の中で目的まで到達するのだと思います。

やはり明確な目標が大事ですし、目標もちゃんと立てないとダメ
です。人生の目的、そして目標を明確にして一歩一歩歩んでいき
ましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。