人生はあっという間 (140531)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日、F社に訪問し、そこの部長と面会しました。なんとその部
長が前々職の部下でした。およそ20年ぶりの再会で、いいおじ
様になってました。お互い様ですと言われましたが(笑)

僕が30歳ぐらいで、彼は26歳ぐらいでした。課長と部下とい
う関係で、仕事は出来ていましたが、目の前で居眠りされるもの
だから、何度となく椅子を蹴って怒鳴ったことを思い出しました。
笑い話に時の流れを感じましたね。

彼は、27歳ぐらいに退職し、7年間ほど県外や海外でも仕事を
し、13年前からF社で働いているとのことでした。今では、部
署を任される部長ですから、大したものだと感心しました。

20年という月日も永いようで短いですね。人生はあっという間
です。会社を辞めてみないとわからないことが沢山あります。し
かし、それに気づいて後戻りするほど人生は永くありません。

彼との出会いでF社とのビジネス展開が楽しみです。これも何か
のご縁でしょうね。人のご縁、人との出会いは大切にしなければ
なりません。

松下幸之助翁は、人からご縁を切られるのは相手あってのことだ
から仕方ないと思いなさい。しかし自ら人とのご縁を切るような
ことはしたらダメです。ということを事ある度に諭されていたそ
うです。

人生は出会いです。どんな人と出会ったのか。仕事を通しての出
会いが大半を占めます。そして会社があるから出会いがあること
も忘れてはいけません。

いつ、誰と、どんなシーンで出会い、別れ、再会するかはわかり
ません。しかし、再会した時に胸をはって握手できる、そんな生
き方でなければなりません。再会した時、握手できなかったり、
目も合わすことができない生き方は不幸ですね。

そんな事を思わせるF社部長との再会でした。努力は報われます。
努力していきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。