人生の花を咲かせる秘訣(140621)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「人生の花を咲かせる秘訣」坪内知佳(萩大島船団丸代表)『致
知』2014年7月号特集「自分の花を咲かせる」より

———————————————————-
――衰退の一途を辿っていた水産業で僅か1年で黒字を出すとは、
その経営者としてのリーダーシップはどこで培われましたか。

坪内 父が自営業をやっていたこともあって、物心ついた頃から
いつか起業したいと思っていました。

ただ、やるんだったら、「血の通った商売がしたい」と。父は毎
日忙しく、1か月に1度しか会わない生活もあったり、当然運動
会も参観日も来ない。そういう環境で育って、働くとは一体何ぞ
や、という思いがありました。

学生時代は海外に留学したこともあり、CA(キャビンアテンダ
ント)になろうと思って、大手航空会社でインターンをしていま
した。大学の講義を受けて、インターンをやって、他のバイトも
やって、お金に困ることもなく生活していました。しかし、内定
の一歩手前で体を壊して、そこで人生考えたんです。

みんなと同じようにキャリア追求のような形でやってきたけれど、
私これで死んだら後悔するなって。

子供の頃からずっとあった「働くために生きるのか、生きるため
に働くのか」という問いを抱きながら結婚して、後に萩に来て、

「ああ、ここだ。ここなら私が目指してきた経営ができる」

と思ったんです。

――念願だった「血の通った経営」ができると。

1年で黒字が出たといっても、本当に小さく、徹底して経費をか
けない経営をしています。都会の企業と同じように、常に右肩上
がりで規模の拡大をしていくことを目標とするのは、私のコンセ
プトに合いません。

もちろん仕事の規模が大きくなれば、それに見合った人員の確保
は必要ですが、朝から晩まで家族と顔も合わせず働いて、従業員
の中から過労死や鬱病の人間が出たりするなら、会社をやる意味
ないですよね。やっぱり働いている人たちが元気になる商売じゃ
ないと。

うちの事例を知って、いま、漁労関係者や養殖事業の方々など、
たくさんの方が視察にいらっしゃいます。

「うち、やばいんです。助けてください」

と言って来られるのですが、一通り見て帰られる時は、「やれそ
うです」と言って、笑顔でこの島から出ていかれます。

彼らにやれそうだと思ってもらうためにも、まずは自分たちが物
心ともに幸せでないと。

うちがそういう前例をつくって、日本の水産を変え、業界の常識
を変えていきたいと思っています。

――そうして日本の水産業界にもう一度花を咲かせたいというこ
とですね。

そうしたいですね。時代の流れとか、環境のせいにして言い訳し
ている人たちも結構多いと思うんです。

「水産、厳しいから」「もう、魚がいないから」って。

でも、厳しい水産の中でもうちはここまでやれています。それは
一般社会にも言えることで、例えば親がこうだから、上司がこう
だから、社会がこうだからと嘆いても、その責任は100%相手
にあるんじゃなくて、自分にもあると私は思うんですね。

なので、「自分の花を咲かせる」というテーマに関して言うと、
それは自分が自分の責任の下で、自分らしく生きること。たとえ
明日死んでも後悔のない生き方をしていくことだと思います。

一人ひとりがそうやって生きていけば、日本はもっといい国にな
ると思うし、生きていて楽しい国になるだろうなって。

そして私たち一次産業は本当に大きな可能性を秘めています。そ
の花を咲かせることで、私自身の人生の花も咲かせていきたいと
思います。
———————————————————-

「親がこうだから」「上司がこうだから」「社会がこうだから」
と嘆いても、その責任は100%自分にある。

この考えは大事ですよね。そこに立たないと、ちょっと自分に不
都合が起きると、相手を責め攻撃的になってしまいます。そうな
ると人も情報も寄り付かなくなります。

今日も自己責任で自分の仕事を全うしましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。