脳は生涯にわたり発達し続ける (140928)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

脳は生涯にわたり発達し続ける。筑波大学の名誉教授、村上和雄
氏は脳の働きを制御するのは心だと提唱しています。

新聞の記事より紹介します。
———————————————————-
脳を動かしているのは、自分の心であり、意識だ。脳はテレビや
ラジオの受信機のようなものであり、心や意識が真の創造者であ
る。

脳は私たちが「できる」と思っていることしかできない。逆にい
えば、「できない」と考えていることはできないのだ。

心身医療の分野で世界的リーダーであるディーバック・チョブラ
博士は、身体と心を統合的に癒す独自の理論を展開している。そ
の博士と最近対談する機会を得、次のように述べている。

慢性病は意識がつくり出している。怒りや恨みや憎しみなどの感
情を持つと、それが悪い遺伝子を活発にしてしまい、ガンや心臓
病の原因となる炎症を起こす。

一方、喜びや愛、他人の成功を喜ぶという感情を持つと、良い遺
伝子が活発になり、身体は病気にかかりにくくなって、肉体年齢
も若返る。と。
———————————————————-

村上教授は、脳に使われるのではなく、脳を上手にコントロール
して使うことが肝心だと言います。どういうことかと言うと、固
定観念を捨て去り、柔軟性を持ってリラックスすること、素直で
あること、心配しないことなどが大切と言います。

そして最後に、最も重要なことを述べています。
「人は心の持ちようを変えることによって、遺伝子のオンとオフ
を切り替えれば、一生涯進化できる可能性がある。一般に、頭が
良い人と悪い人がいるといわれているが、脳そのものにはいい、
悪いの区別はない。使い方によって、良くなったり悪くなったり
する。脳を上手に使えば、思いは必ず実現する。」と。

今日も脳を上手に使って、思いを実現していきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。